成功報酬はいつ支払うか

弁護士費用を検討する上で注意したいのは、回収できないことがあったとしても弁護士費用は支払わなければならないこともあるということです。多くの場合、弁護士は成功報酬として回収額の何パーセントかを報酬として求めますが、この成功というのは全額返済が完了してからを意味するのではなく、あくまで債務者が返済に同意して返済計画に従うことを約束した段階が当てはまります。そのため、万が一その約束も債務者が履行しない場合は、回収も実際にはできていないのに弁護士からは成功報酬の請求が来るという事態になるのです。

そこで弁護士に相談する際に確認しておいた方がよい事柄として、債務者との和解が成立すれば実際の返済が完了していなくても成功報酬として支払いをしなければならないのかという点が挙げられます。しかし、多くの場合は、成功報酬のタイミングや条件は弁護士の法から丁寧な説明があるはずです。

万が一当初の説明にないことや、話が違うと感じたらそのまま支払わずにその弁護士の所属する弁護士会に問い合わせてみるのが良いかもしれません。いずれにしても、味方であるはずの弁護士と争うような事態はぜひとも避けたいところですので、お互いのために報酬の話は詰めておきましょう。